重大な決断をしました。



本日、福祉利用計画作成室 3階ラボの今後について、私どもの所属する法人理事長を始め、各事業部の施設長とお話をしました。

これまで、開設当初から走りに走ってきた私たちではございますが、おかげさまで今日現在、320名の利用登録者にご利用いただく、地域でも最大の利用登録者を誇る特定相談支援事業/障がい児相談支援事業所となりました。

重要なことは登録者数ではございませんが、私たちにとっては、近隣の市区町村の福祉窓口の皆さんと、地域の計画相談を作ってきたという自負があります。やはり、選ばれる事業所でありたいと願い、たくさんの方々を受け入れをさせていただく中でも、最大限の時間短縮を取り組みつつ、みなさんがはじめて導入する「計画相談」に対して、不信感や疑念を少しでも抱かなくても良いように、必要な部分には時間を割いてでもきちんと説明するなど、最大限の配慮を行ってきたつもりです。

最初は、サービスを利用するすべての方々に計画相談を導入しなければならない状況でしたので、とにかく依頼に対してスムーズに受けいれを行ってくれる事業所が求められて来ましたが、今後は、計画相談の「質」が問われる状況になると考えるようになりました。

母体法人の哲学でもある「人生を楽しむために」を3階ラボが実践する上で、本当の意味での計画相談に取り組んでいく必要があると思い、私たちは大きな決断をしなければならないという結論に達しました。


関係者並びに関係機関の皆さんには大変ご迷惑をおかけしますが、平成27年12月をもって福祉利用計画作成室 3階ラボは、新規登録者の受け入れを停止することをここにご報告させていただきます。


今後は、今の利用登録者さんの支援を中心に取り組んで参ります。詳細につきましては、関係機関の皆様に文書でご報告させていただきたいと思います。

事情をご察しいただき、ご理解頂きます様よろしくお願い致します。








コメント

人気の投稿